2017年9月14日~17日まで、北海道にありますノーザンホースパークで開催されました
全日本障害馬術大会PartⅡの中障害飛越競技Dクラスで、当乗馬クラブ代表の娘であり、スタッフの
西塚愛由美選手がカイパラキャッチに騎乗し、初日二日目とある予選競技では、共に4位に入賞し
予選通過1位で決勝競技に進出しました(^-^)

決勝競技は、予選通過順位下位からの走行となるため、愛由美選手&カイパラキャッチは最終走者!
最終走者は、大変なプレッシャーがかかるのですが、見事に安定した走行で、減点0!
優勝決定戦ジャンプオフに駒を進めました。ジャンプオフには15人馬が残る大激戦!!
次々とトップタイムが更新されていく展開の中、最後の走者として入場してきた愛由美選手!
代表をはじめ、クラブ関係者が祈る気持ちで見守る中、素晴らしいスピードとミラクルな飛越で
ゴールラインを駆け抜けトップタイムを更新!!
この瞬間、愛由美選手&カイパラキャッチが今年の中障害Dクラスの日本一に輝きました\(^^)/

表彰式の様子

優勝者インタビューを受ける西塚愛由美選手

チャンピオンにのみ許される、単独でのウィニングラン!
カイパラキャッチをたたえる愛由美選手のポーズが素敵ですね(^-^)

応援ありがとうございました!